アクセス

〒211-0012
神奈川県川崎市中原区中丸子13-21
LROCKS 2階

TEL:044-789-5444

FAX:044-789-5402

JR 横須賀線・南武線・東急東横線

JR横須賀線
武蔵小杉駅(新南口) 徒歩2分

JR南武線・東急東横線
武蔵小杉駅 徒歩9分

東急バス

東急バス停
市ノ坪中町より、徒歩3分
系統 川31、川33、川34

LINEでかんたん予約のご案内

対応している携帯で読み取ると、携帯版ホームページに接続できます。

NCDデータベース事業について

対応している携帯で読み取ると、携帯版ホームページに接続できます。

漢方外来

※令和6年5月30日(木)の診療をもちまして漢方外来は終了となります。


さまざまな生薬の組み合わせによって、その人の体質に適したからだの症状に対応できる漢方薬は、

何千年もの歴史があり、治療効果のあるものが今日も医薬品として用いられています。

ここで押さえておいていただきたいのが、「漢方」と「漢方薬」の意味するものの違いです。

「漢方」とは鍼灸や食養生も含めた医学を意味しており、「漢方薬」は、漢方医学の理論に基づいて

処方される医薬品のことです。

「漢方」と「漢方薬」が混同されて用いられてしまう場合もありますので、区別しておきましょう


漢方の基本は、“人間の体も自然の一部”という考え方です。“病気ではなく病人をみる”、という考えで、

体の一部分だけにスポットをあてるのではなく、体全体の状態のバランスを総合的に見直すといった

特徴があります。また、体質や生活習慣などから見直し、整えていきます。なお、漢方は、病名が

ついていない不調(未病※)にもアプローチできるのも大きなポイントです。



※人の健康状態は、ここまでは健康、ここからは病気と明確に区分できるわけではなく、

健康と病気の間を変化しています。「未病」とは発病には至らないものの軽い症状がある状態をいいます。